交通事故での医療機関(病院・整形外科)と整骨院の上手な通院方法

医療機関が得意な領域とは?

医療機関が得意な領域

交通事故に遭った時は、目に見えるような大きな怪我をした場合はもちろん、小さなケガや不調の場合も、まずは、医療機関での診断を受けましょう。
医療機関では、レントゲンやMRIで精密検査を受けることができるので、骨や組織の損傷を見逃さず診断することができます。
また、適切な処置を施した後も、痛みが続くことがありますが、その場合も、痛み止めを処方してもらうことができるので、事故直後のつらい痛みなどを抑えるためには有効です。
また、正式な診断書の作成もしてもらうことができますので、交通事故に遭った時は、必ず、一度は医療機関での診断を受けてください。

整骨院が得意な領域とは?

整骨院が得意な領域

整骨院では、医療機関のレントゲンやMRIでは判断できない、筋肉の状態を的確に判断することができます。
むち打ち(頚椎捻挫)や腰痛(腰部捻挫)、打撲、捻挫、肉離れなどは、レントゲンには写りませんが、事故後のつらい不調の原因となることが多くあります。
整骨院では、柔道整復師という、筋骨格系の国家資格を持った施術者が、そのような状態を的確に判断し、最適な施術を行うことができます。
また、実際にしっかりとお体の状態を把握し、マンツーマンでの施術を行いますので、小さな変化も見逃さず、細やかな対応が可能です。
医療機関等では、何時間も待たされて、薬を処方されるだけ・・・ということも多いのですが、事故後の身体は少しでも休養することが大切ですので、待ち時間を少なく、また、忙しい方にもしっかりと通院して、治療していただけるよう、夜遅くまで診療を行っているのも特徴です。
また、心理カウンセラーとして、交通事故患者様が抱える心理的苦痛に対しても、親身になって対応いたします。

整骨院と医療機関の上手な併用方法

医療機関の役割としては、正しい診断を行ってくれること、また、その他の大きなケガが無かった場合は、痛み止めや湿布の処方などが中心になりますので、レントゲンでは異常がないが、身体のだるさなど、様々な不調を感じる場合は、整骨院に通院されることをおすすめします。

1. 交通事故直後

交通事故にあった場合は、大きなケガがない場合も、まず、医療機関での診断を受けることをお勧めします。
少しでも痛みを感じる部位があれば、必ず医師に伝え、レントゲンでの診断を受けてください。
時間がたってから、他の箇所が痛みだすことも、交通事故のケガにおいてはよくあることですので、その場合も、再度診断を受けることが大切です。

2. 症状による通院方法

◇骨折と骨折後のリハビリ
医療機関で、骨折などの異常が見つかった場合は、経過をみながら、通院を続け、完治させましょう。ギプスが外れた後は、リハビリを行い、身体を元の状態に戻していくことが大切です。
整骨院では、手技や筋力トレーニング、ストレッチなど、骨や筋肉の専門家ならではのリハビリを受けることができます。
医療機関での経過を確認しながら、整骨院で、身体の状態に合った、リハビリを受けましょう。

◇むち打ち、腰痛
むち打ちや、腰痛は、痛む場所だけでなく、痛みの原因にアプローチする施術を行わないと、後遺症になってしまう場合があります。
整骨院では、レントゲンにはうつらない、関節や筋肉の異常をしっかりと見極め、
痛みの原因となる部分に作用する施術を行うことで、身体の不調を根本的に改善します。
医療機関での定期的な検査も続けることで、今の身体の状態を把握しやすくなりますので、
整骨院と併用して通院していただくことをおすすめします。

医療機関からの転院方法

整骨院で交通事故の治療が受けられることをご存知ではない方も多いのですが、調布市の薬師寺鍼灸整骨院では、多数の交通事故患者様が来院されています。
最初は医療機関で診断を受け、治療を続けていたけれど、薬や湿布を処方されるだけだったり、毎回同じような電気治療だけを受けなければいけなかったり・・・など、治療内容が、
通院されている方によっては合わないことも
あります。
その場合、医療機関は自由に、患者様自身が選び、変更することができますので、まずは、薬師寺鍼灸整骨院にご相談ください。

交通事故後の治療場所は患者様が自由に選べます!

交通事故後の治療場所は、患者様が自由に選ぶことができます。

保険会社さんの許可がないと転院できないと認識されている方が、とても多いのですが、そのようなことはありません。
最初に通院する医療機関だけでなく、転院する場合も、患者様に選択の自由がありますので、治療方法などに疑問を感じながら通院を続ける必要は全くありません。

 

転院の手続き方法について

自由に治療場所を選べるといっても、どんな手続きをすればいいかわからないし、何枚も書類を書くのは面倒・・・と思っていませんか?
医療機関の転院は、基本的には、保険の担当者に次の医療機関の情報を伝えるだけです。
わからないことがあれば、まずは、薬師寺鍼灸整骨院にご相談ください。

そもそも、どこに通院するかを決めるのは患者様本人の意思です。

 

転院や併院を希望されても、保険会社や、通院している医療機関が認めてくれなかったという場合があるようですが、どこに通院するかを決めるのは、患者様本人の意思です。
保険会社や医療機関の承諾は必要ありません。
極端な言い方になってしまいますが、保険会社や、今通っている医療機関に遠慮をしなくてもよいのです。

「手続きが面倒・・・」、「保険会社ともめたくない・・・」、そんな理由で、適切な治療を受ける機会を逃しているかもしれません。
当院に転院されてきた患者様は、そのようなことよりも、ご自身のお体を治すことを優先され、どんどんよい状態になっていらっしゃいます。
当院は、交通事故の不調で悩む方を一人でも多く、救いたいという想いで、お体のお悩みはもちろんのこと、保険会社とのやり取りのサポートもしっかりと行っています。
また、転院後も、丁寧に問診・検査を行い、適切な治療と、アドバイスを、親身に行います
交通事故の様々なお悩みは、まずは、当院にお電話にてご相談ください。
少しでも早く当院で治療を受けることをおすすめします。

調布市 薬師寺鍼灸整骨院 施術の流れ

調布市 薬師寺鍼灸整骨院 ご案内

topへ戻る